子供の矯正に力を入れている西村歯科医院です。石巻・仙台・古川からも多数の患者さんが来院されます。小児治療、小児矯正は当院にお任せ下さい。

子供の口臭と矯正

ランパ矯正

顎顔面口腔育成法と西村歯科医院矯正法の違いについて

うちの子供、口臭がするのですが・・」とよく相談を受けます。

西村歯科医院で、こどもの矯正を開始すると、子供の口臭が消失する事があります。

つまり、口呼吸と口臭は、関係しています。
この事は、意外とみなさん!知らないのではないでしょうか?

もっとも、乳幼児1歳前後の口臭はまた別で、食生活が、母乳から離乳食にかわり、それに伴い唾液(つば)の主成分も、乳成分を消化する酵素(ラクターゼ)から、でんぷん分解酵素(アミラーゼ)に変化する事により口臭が発生します。
これについては、問題は無いでしょう。

しかし、5~6歳児以上の口臭の原因が口呼吸だとすれば、そこには、改善すべき(自然には治らない)原因が潜んでいる事になります。ご注意ください。

原因は、2つ大きく分かれます。

1.上の顎が狭い(約8割は、上顎が狭い事が原因)

2.鼻の病気  です。

先ず、2.の鼻の病気は、耳鼻科の診察が必要です。是非、受診しましょう。

しかし、約8割の患者さんは、上顎が狭い事が原因です。

インターネットで調べても、この2割の改善方法が主流で、残りの8割の患者さんにアプローチする方法が掲載されていないのが、私は、非常に残念に思います。
1.上顎が狭い場合は、歯並びが悪いという症状で現れます。(絵をご覧下さい。)
この絵は、上顎の骨の絵です。
この上顎の骨が狭い場合に、歯が生える場所が出来ません。
そうすると、歯が重なる事になります。

一方、歯と裏側の関係にある鼻腔はどうでしょうか?

骨格事態が狭いのであれば、鼻腔も狭くなり、鼻の通りが狭くなります。
鼻が狭くなれば、鼻づまりが起こります。

つまり、これが、口呼吸→口が渇く、口臭に繋がります。

風邪をひいた時、口臭がするのは、口呼吸のせいですね。

また、鼻で息が出来ない、苦しい場合に、交感神経が興奮(イライラ)状態になり、睡眠が充分とれない状態になります。

子供の夜尿症(おねしょ)、寝汗、いびき、無呼吸症候群、寝起きが悪い、集中力が低下、落ち着きが無いetc本人の責任ではないですね。
身体の構造上の問題から起こる症状が発生するのです。お子さんが、可哀想ですね。

西村歯科医院では、この様な患者さんに、上顎骨を拡げる治療しています。
*拡げる=誤解をされない様に解説しますが、狭い上顎骨を→正常なサイズに整える事を、便宜上、拡げると表現しています。
以下の写真をご覧下さい。

術前

術後

拡大後赤矢印のところが、スペースが出来、拡がりました。

ケース2矯正終了時(治療期間2年後)

実際に、この治療を受けた患者さんの2人の感想になります。

顎を拡げる矯正?少し怖い気がしますね。それは、大人の話。
子供の場合は、横の写真の様に、顔の骨と骨が、軟骨で出来ています。

頭蓋成長の比例

頭蓋成長の比例
(前から見た高さを同じにして、年齢による各部の大きさの比率の差を示す)

頭蓋骨縫合と大泉門

頭蓋骨縫合と大泉門
大泉門では、心拍に同期して拍動がみられることもある。
この軟骨を、一日 0.4mm拡げます。丁度、歯と周りの骨の間が、0.4mmですので、「歯に物が挟まった状態」だと思ってください。
歯に物が入ると違和感がありますが、その程度に留める様に出来ています。安心して下さい。

鼻腔が拡がると、鼻の通り良くなります。
我々が経験するのは、鼻づまり時に使用する鼻にテープを貼る「ノーズ○○」テープと同じ効果です。
鼻が通ります。そうすれば、口を閉じ、鼻呼吸が出来、口が潤い、口臭消失します。

ポイントは、耳鼻科で、鼻疾患が無いか?そして、口呼吸をしているか?
この2点をチェックし、西村歯科医院にご相談下さい。

ランパ矯正についての質問

顎顔面口腔育成と西村歯科医院との違いは、どこでしょうか?

2つの違いがあります。

1つ目は、西村歯科医院の行っている「口と歯並び健康矯正法」は、口の中の装置のため、目立ちません。
一方、ランパ矯正、顎顔面口腔育成、口の外に装置を設定するため、丁度、ヘットギア帽子等を装着した形式になり、目立つのが欠点でしょう。

2つ目は、金額的にも、西村歯科の場合治療費55万円程度であるのに対し、ランパ矯正、顎顔面口腔育成の治療費110万~120万円とハードルが高い様です。
以上、子供の口臭治療について、まとめてみました。
子供の矯正は、12歳までに顎の発育が終了します。早めに受診しましょう。

西村先生

患者さん応援メッセージ

西村歯科の矯正について

「患者さんを守る」事だと思います。

現代は、お子さんにとって、何が原因なのか?わかりませんが上顎骨の発育が
悪い環境にあります。しかし、その原因究明を待つ余裕はありません。
なぜならば、その子たちは、成長し続けて大人になるからです。
鼻(鼻腔)の成長と、歯並びの成長は、裏表にあり、歯並びの狭さは、
鼻の狭さにも通じ、副鼻腔炎が起こります。
西村歯科では、RME(アールエムイー)という矯正装置を使用することにより、
鼻腔と歯並びを改善します。この事は、本感想文の様に、口呼吸の改善(鼻呼吸促進)
いびき防止、集中力UP,夜尿症改善など、様々な改善に向かいます。
こどもの歯並び(こども矯正)は、大人の矯正と違い、こどもの持っている能力を
最大限に引き出す事が出来るので、「様子見ましょう。」という事は、しません。
こどもが、自分の能力に自信が持てる事が、その子の将来につながる大切な時期です。
お子さんの矯正を考えている保護者の方に、もう一度、この患者さんから頂いた文章をお読みになり、こどもの矯正を始めて下さい。
西村歯科からのお願いです。
西村 真

メール相談する
電話をする