宮城郡の歯医者/小児・矯正歯科/土曜診療/西村歯科医院

子ども専門の矯正歯科医院
にしむらしかいいん

西村歯科医院

お気軽にお問い合わせください。WEBからは24時間いつでもOK!
ご予約
お問合せ
022-353-4092

[月〜金] 10:00~13:00 / 15:30~19:00 [休] 日・祝
[土] 10:00~13:00 / 15:30~17:00※火・水は不定休

ご予約はこちら 24時間受付
  • 子ども矯正相談料無料!

    西村歯科医院は子ども矯正相談料無料です
  • 子ども矯正

  • 診療科目

  • 医院情報


  • 診療時間

     

    [月〜金]
    10:00~13:00/15:30~19:00
    [土]
    10:00~13:00/10:00〜17:00
    [休診日] 日・祝
    ※火曜日、水曜日は不定休です。来院の際は一度お問い合わせ下さい。(どちらかの曜日のみにしかご来院いただない方のために不定休にしております)

    アクセス

       〒981-0212 宮城県宮城郡松島町磯崎105-3

    ※駐車場13台完備

    ・松島駅からホテル「松島一の坊」を目指して奥松島方面に車で向かって3分、産直近く
    ・松島海岸ICから三陸自動車道15分
    ・駐車場は第二駐車場も含め計13台分有

    医院紹介動画

    衛生士さん募集

    衛生士さん募集

    求人動画

    Facebook

    歯医者ガイド

    小児矯正の解説マンガ

    当院でお配りしている矯正についての解説漫画を無料でお送りいたします。

    お申し込みはこちらから

    エキテン

    子ども矯正の目的

    歯科矯正には、2つの考え方があります。

    歯科矯正には、2つの考え方があります。

    歯列矯正には、次の2つの考え方があります。

    1. 大人の矯正側

    大人になってから歯を抜くことを考えるので様子をみる

    2. 子どもの矯正側

    顎の発育が心配なのですぐに治療

    従って、「もう少し様子を見ましょう!」と言われた場合は・・・
    子どもの時に相談したとしても「大人の矯正側」から言っている先生なのです。
    大人の矯正側か?子どもの矯正側か?で、健診時に言う事が違ってきます。

    「あごの成長」と「歯の発育」

    「あごの成長」が「歯の発育」に追いつかない

    噛み合わせが悪いと、指で成長を押さえられているのと同じ状態になるのです。
    つまり成長期に「歯並び」を改善することは、この指を開放してやり、「成長期の遅れを本来の成長に戻す」ということになります。

    「あごの成長」と「歯の発育」

    歯並びが悪いという事は、歯が大きいわけではありません。
    「あごの成長」が「歯の発育」に追いつかないためにおこるのです。
    イメージとしては、二人掛けのイスに3人座っているような状態。
    つまり、歯が特別大きいというわけではなく、顎が狭いということなのです。

    顎を拡げるというよりは、顎の発育の遅れを正常に戻すという考え方です。

    即ち、「あごの成長」を追いつかせるために、矯正装置を使用するのです。
    これは、自然には治らない場合が多いのです(自然改善率6.4%)。

    顎の健康的な発育と口呼吸の改善を目指す

    顎の健康的な発育と口呼吸の改善を目指す

    良くない咬み合わせのことを「不正咬合」あるいは「咬合異常」といいます。

    不正咬合の原因には、あごの骨や歯の形・大きさに関する「遺伝的なもの」と、頬づえや指しゃぶりなどの悪い習慣による「環境的なもの」があります。

    実際にはいろいろな原因が重なって、さまざまな状態の不正咬合になりますが、歯並びの相談にくる子どもたちは、実は同じ問題を抱えている場合が多いのです。
    それは「口呼吸をしている」ということです。

    不正咬合について詳しく見る

    「口呼吸」になるか?「鼻呼吸」の習慣が付くか?の分岐点

    「口呼吸」になるか?「鼻呼吸」の習慣が付くか?の分岐点

    「鼻呼吸」習慣が、良い歯並びへ導く

    不正咬合の原因は、小さい頃からの「歯並び」に及ぼす、悪い習慣の積み重ねにあります。
    つまり、その習慣を放置させたまま、成長させることは、お子さんの健康にも良くありません。

    0歳から3歳ごろまでは、遺伝からくる不正咬合が多いですが、5歳前後より「口呼吸」「鼻づまり」「口の周りの筋肉が弱いために起こる機能不全」が原因の場合が多いのです。
    西村歯科医院では、この生活習慣の改善の時期から、介入することが大切だと考えています。

    特に、中顔面(鼻腔)の成長は、この時期に旺盛なのです。
    ここを十分成長させることは、「口呼吸」になるか?「鼻呼吸」の習慣が付くか?の分岐点になります。
    口呼吸の原因は、次の2つです。

    • 鼻づまり(鼻腔狭い)
    • 鼻呼吸の習慣不足

    西村歯科医院では、この「鼻呼吸」習慣が、歯並びを良くし、お子さんへの「大人になってからの健康な体をプレゼントする」という考えから、指導をしています。
    また、鼻づまり対策として「鼻うがい」を推奨しています。

    保護者の方のお子さんを思う気持ちに、感謝いたします。

    鼻呼吸改善について詳しく見る

    鼻呼吸について

    鼻呼吸は、「歯並びの改善」だけでなはなく、お子さんの健康にも著しく関与しています。

    鼻呼吸について

    治療前と治療後の変化

    私の考えているのは、鼻づまりが全身の及ぼす影響であり、鼻づまり治療が、それらを抜本的改善に大きく関与するということです。

    鼻づまりの主な原因となる鼻炎は、一回治療すれば治るという病気ではありません。

    鼻洗浄や点鼻薬を使えば良くなる症例は別ですが、難治性の鼻づまりには、最初の選択として手術による治療を行うという方法が実際には非常に効果あるとわかってきました。

    まず手術によって鼻全体状態を良くすると、その後にくしゃみや鼻づまりが出てきても、例えば点鼻薬を使うだけですぐに治ってしまうという症状のコントロールがしやすい状況が生まれます。

    しかも、そういった鼻のベースを良くする手術は一生に一回受ければ十分です。
    これまでの手術はというと、治療の最終手段と思われてきましたが、そうではなく、治療の最初に、という選択肢も出てきたのです。

    鼻呼吸を指導する医療機関が少ない!

    「鼻閉は身体に悪い!」は、周知の事実ですが、この鼻閉を改善指導している医療機関は、現在少ないのが現状です。

    西村歯科では、上顎骨の発育する時期と鼻腔の成長期が一致する事に着目し、上顎骨の発育を促進し、歯並びと鼻閉を改善し、より子どもたちが健康的に成長する事そして、成人の無呼吸症候群を減少させる事を支援していきたいと考えています。

    また、大人の矯正は「負担が大きい」矯正になります。

    このような状態(永久歯がすべて生えてしまった状態)になると、治療が難しくなり抜歯をするケースが多くなります。

    ですから、子どもの発育が旺盛な時期に、歯並びを良くすることは「正しい生活習慣」「心の発育」の面からも大切なことなのです。

    (株)東京鼻科学研究所と提携しています。

    (株)東京鼻科学研究所と提携しています。

    鼻呼吸の習慣付けは、専用のファイルを使用し、保護者の方、お子さんに指導していきます。

    ① 矯正の無料相談(当日又は、別な日でも構いません)
    ② 虫歯の診査
    ③ 矯正の診査(顎の型とり・レントゲン・患者さんの要望などを聞きます) ¥3000負担
    ④ 矯正の説明(金額・装置の種類・期間など) ¥1000負担
    ⑤ その後、矯正をするか?今回は、見合わせるか?検討して下さい。

    西村歯科医院に お気軽にご相談ください。

    ご予約
    お問合せ
    022-353-4092

    〒981-0212 宮城県宮城郡松島町磯崎105-3

    三陸自動車道 松島海岸IC下車10分/駐車場13台 完備!

    お問い合わせはこちら 24時間受付

    松島駅からホテル「松島一の坊」を目指して奥松島方面に車で向かって3分、産直近く / 松島海岸ICから三陸自動車道15分 / 駐車場は第二駐車場も含め計13台分有

    診療時間
    10:00~ 13:00
    15:30~ 19:00 〜17時

    [休診日]  日・祝 ※火曜日、水曜日は不定休です。
    来院の際は一度お問い合わせ下さい(どちらかの曜日のみにしかご来院いただない方のために不定休にしております)。

    PAGE TOP