子供の矯正に力を入れている西村歯科医院です。石巻・仙台・古川からも多数の患者さんが来院されます。小児治療、小児矯正は当院にお任せ下さい。

こどもの歯医者さん

西村歯科医院に使命は、「歯科医院の好きな子供を育ってほしい!」です。
そのため、以下の事を心掛けています。

1)フッ素の積極的な塗布

1)フッ素の積極的な塗布
子供たちたちは、フッ素が大好きです。
グレープ味、バナナ味、バブルガム味など色々な味を選らんで頂いています。
これは、何のため?
私たちは、先ず、歯科医院と子供の橋を架けること(信頼関係を築くこと)を優先しているからです。長い目で見ると、「トラウマ」を作らないことが大切。
その上で、健康への定期健診ごとに、一つ一つ教えていく。
これが、健康的な自己管理の出来る大人をつくる王道だと思っています。
そのため、フッ素の為害作用を論じる前に、その子供の様子を見ながら、積極的に使用することは、問題が無いと思っています。
むしろ、むし歯予防の効果のあるメリットを考えれば、利用すべきと考えます。

2)怖くなく・痛くなく

2)怖くなく・痛くなく
お子さんの治療は、痛くなくを心掛けています。
西村歯科に来院するお子さんは、ほとんど泣きません。
これは、スタッフが、常に、お子さんに話しかけているからです。
スタッフが、優しい「お姉さん」役になり、お子さんと「手を握り」、「がんばって!」と声掛けをしています。
また、色々な治療器具のトレーニングの練習を、先生が来る前に、行っているからです。
また、どうしても麻酔を使用する場合は、表面麻酔を塗り、極力 無痛治療を心掛けています。ここで、お願いです。保護者の方は、「麻酔」=「注射」とお子さんに伝えないで下さいね!
西村歯科では、「しびれるお薬さん」と言っています。
その方が、「麻酔→注射→痛い」という連想が避けられるからです。
これも、一つの工夫です。

3)生え変わりについて

3)生え変わりについて
乳歯と永久歯生え変わりについて
乳歯の生える時期は、生後 6か月からです。乳歯列が完成するのは、3歳頃です。
この時期までは、口の中の脱感作が必要な時期です。
つまり、お子さんは、口の中が、過敏な状態なのです。ですから、歯ブラシなどを口に入れる事すら、嫌がります。(第一次反抗期でもありますが・・)
そのため、お子さんは、この口の中の「硬い物を受け入れる口の状態を作らない」時期なのです。つまり、「柔らかい歯ブラシを咬ませる」→「普通の硬さの歯ブラシを咬ませる」事により、徐々に、硬さに慣れさせることをしましょう!

また、5~6歳頃より、永久歯が生えてきます。
前歯が生えてきますね!しかし、奥歯は、どうなっていますか?
この時、すでに、6歳臼歯が生えてきている場合が多いのです。
それも、一番 早くむし歯になるのは、奥歯の6歳臼歯なのです。
ここで、歯科医院でシーラン(予防充填 フッ素含有セメント)をしましょう!
このシーランとの効果は、むし歯の発生を、40%も減少させてくれます。
咬み合せの溝が深い場合は、積極的にすることをお薦め致します。

4)こどもの歯ブラシについて

4)こどもの歯ブラシについて
お子さんの歯ブラシは、すごく大切な習慣です。
なぜなら、2つの意味があるからです。

1つは、「自分で自分の健康を守ろうとする初めての行為」だからです。
歯ブラシをする→むし歯にさせない→甘い物が好き→むし歯になるから、半分にしよう!(自制する心の芽生え)に繋がるからです。
是非、この大切な芽を、育てようではありませんか?でも難しい?
大丈夫です!歯科医院は、その為にあるのです。3~4か月一度、その様な気持ちを思い出すだけでも、効果があります。是非、定期犬健診を利用して下さい。

2つ目は、永久歯の「歯の成熟」です。
永久歯は、生えた直前は、凄く柔らかいのです。つまり、この時期は、むし歯になり易い時期なのです。また、少しのむし歯が、急速に柔らかい為に大きくなってしまう時期なのです。この歯が、柔らかい時期~硬くなる時期を、歯の成熟と言います。
その期間は、3年間が必要です。ですから、最後に生える12歳時に生える歯は、3年間要するとすると、中学3年生位まで必要となります。
この間は、歯ブラシをし、むし歯を予防する事はとても大切です。

みなさん!は、どの様な歯ブラシをしていますか?
実は、歯ブラシには、決まりが無いのです。=「え?」と思われるでしょう!
これは、本当です。なぜなら、一人ひとり、口の中の状況が違うからです。
また、歯ブラシの選び方も、習いましたか?多分、自分の好みで、購入しているのでは?歯科医院では、「歯ブラシを処方する。」という言い方をします。
つまり、一人ひとり投薬と同じに、歯ブラシを処方するのです。
一番、むし歯になりやすいところは、どこか?歯肉炎はどこか?年齢は何歳か?歯並びはどうか?本人の歯ブラシの技術はどの程度か?口は大きいか?等色々な事を総合的に考え、専門家が選択します。また、その使い方を指導致します。
これは、みなさんの一生の財産になりますよ!
是非、何度か?歯ブラシ指導を受け、これを身に付けてください。
そして、歯ブラシを指導通りしてむし歯になった場合は、他の生活習慣の見直しが出来る機会になると思います。
電話をする
メール相談する
問い合わせする
小冊子資料