子供の矯正に力を入れている西村歯科医院です。石巻・仙台・古川からも多数の患者さんが来院されます。小児治療、小児矯正は当院にお任せ下さい。

『TRAINER(トレーナー)』の具体的な方法と考え方

1. 毎日TRAINERを入れて鼻呼吸の練習をしましょう

①毎日6回以上鼻で深呼吸

①毎日6回以上鼻で深呼吸

②姿勢を起こして鼻の深呼吸

②姿勢を起こして鼻の深呼吸

③鼻から吸って鼻から出すのが鼻呼吸

③鼻から吸って鼻から出すのが鼻呼吸
TRAINER(トレーナー)
鼻から吸って口から出すのは口呼吸なので注意しましょう。
鼻から空気が出ているか確認するには・・・
保護者の方がお子さんの鼻の穴の前に人差し指を当てましょう。
鼻呼吸していることを確認しながら6回以上、深呼吸を行ってください。

①~③が出来たら、アクティビティトレーニングの欄に保護者の方がシールを貼って下さい。

注意事項

最初の1週間は、①「口を閉じる」 ②「鼻で呼吸する」 習慣付けが大切です。

A.馬油による鼻うがい

A.馬油による鼻うがい
馬油は2500円で販売。

B.サージカルテープ

B.サージカルテープ
①トレーニング時
②起きているとき (TRAINERを1時間入れているとき)
③就寝時

C. ツボ(四白)を 10秒間マッサージ

C. ツボ(四白)を 10秒間マッサージ

大切な事

必ず「お子さん」と「保護者の方」二人で行いましょう。

今までの「口呼吸」を「鼻呼吸」に変えるのは、「左利き」を「右利き」に変える位、根気が必要です。
しかし、1週間もしっかりやると大分変化が見られます。
まずは1週間「しっかり」と頑張ってみてください。
ところで、「禁煙」は何故上手に行かないのでしょうか?
それは、一人でするからです。
つまり、「禁煙している」という行為を誰かが「認めてやる」と継続できるのです。
それと同様に、「鼻呼吸」の練習もそれを行ったと認めてくれる人
(=支援者又はサポーター)がいれば継続できます。
是非、このサポーター役に保護者の方がなってあげてください。
具体的には、アクティビティートレーニング(鼻呼吸6回の深呼吸)を行っている時に、
鼻の前に指を置き、鼻から空気が出ているか?を確認します。
そして「いーち、にー、さーん、しー・・・」と呼吸の回数を数え、
6回以上できれば、表にシールを保護者の方が貼ります。
これで「認めた!」という事になるのです。よろしくお願いします。

2. T4Kトレーニング

アクティビティートレーニングが終了したら、
そのまま継続して、口の中にT4Kを入れ、
口にサージカルテープを貼って、「口を閉じながら」1時間過ごしてください。
これがT4Kトレーニングです。
1時間できたら、保護者の方が「認めた!」という事で、
本人の前でT4Kの欄にシールを貼ってください。

3. 『TRAINER(トレーナー)』を入れて就寝

最初の1週間は習慣付けのために・・・、
『TRAINER(トレーナー)』を口に入れる→ サージカルテープを貼る。
この行為をしてください。かなりの改善が見られるはずです。
※鼻が苦しい時は「馬油での鼻うがい」をしてからサージカルテープを貼りましょう。
これが出来たら夜間の欄にシールを貼ってください。

4. 『TRAINER(トレーナー)』の効果

① 呼吸は今しか改善できません

① 呼吸は今しか改善できません
鼻腔は15歳まで成長します。この時期までに鼻で呼吸すると、鼻腔が刺激され成長します。
その結果、鼻腔の空気の通りが良くなり鼻閉が改善されます。
これが鼻腔のバルーン効果と言います。

②鼻呼吸をすると鼻炎が改善されます

②鼻呼吸をすると鼻炎が改善されます
『鼻づまり』ですと鼻腔に悪玉菌が繁殖し、アレルギー物質を出すため、
鼻粘膜が腫れて鼻の穴が狭くなります。
そのため更に『鼻づまり』が悪化してしまいます。

鼻に空気を通すことで、鼻の中に善玉菌が多くなり、鼻の中も広くなり鼻の通りも良くなります。
どのような方法でも構いませんので、鼻に空気を通すことを心がけましょう。

③口呼吸は『万病の元』です

③口呼吸は『万病の元』です
口呼吸はむし歯・口臭・歯肉炎を起こすだけでなく、『万病の元』です。是非改善しましょう。
口呼吸をしていると扁桃腺が腫れます。
この扁桃腺から全身の免疫力の低下を起こし、炎症を起こしやすい体質に変化してしまいます。
また、雑菌なども体内に取り込まれ、体内の免疫力も下げてしまいます。
更に呼吸がしにくいことから、睡眠時無呼吸症候群との関連も指摘されています。

④ 呼吸は情緒も安定させます

④ 呼吸は情緒も安定させます
鼻呼吸をすると脳の温度が下がり、怒りっぽさが無くなり、
所謂「キレる!」ことがなくなり、情緒が安定します。
鼻呼吸は脳のラジエーター(冷却器)の役割があるのです。

⑤ 『TRAINER(トレーナー)』のGOALは?

⑤ 『TRAINER(トレーナー)』のGOALは?
『TRAINER(トレーナー)』のGOALは、①口呼吸の改善、②口を閉じる習慣付けの2つです。
このため、口の周囲の筋肉をトレーニングする意味で『TRAINER(トレーナー)』と名付けてあります。

最初は『TRAINER』を入れると、口の下の顎の部分に力を入れるので、「梅ぼし」ができてしまいます。
この状態は口の周りの筋肉が弱いという目安になります。
しかし、『TRAINER』を入れる事により、1ヶ月もすると口の周りの筋肉が付いてきて、
この「梅ぼし」がなくなります。これが筋肉が付いた目安です。

例えば腕の筋肉を付けるためには、毎日、鉄アレイ等で鍛えなくてはいけません。
口の周りの筋肉も同じように、毎日、口の中に『TRAINER』を入れて口の筋肉を付けるようにしましょう。

⑥自分の筋肉で歯並びを治しましょう

⑥自分の筋肉で歯並びを治しましょう
自宅で『TRAINER』を使って筋肉を付け、学校では『TRAINER』を外し、自分の筋肉で歯並びを治します。
そのため、『TRAINER』を外している時の咬む訓練も大切です。
外しているときはキシリトールガムを毎日20分以上咬む事を心掛けましょう。
また、普段は、ベロ(舌)先の方を、上顎ののど側に反転させるベロ(舌)の訓練をする事も大切な訓練になります。
これも大切なトレーニングです。学校で装着しない分、自宅での『TRAINER』を習慣付けましょう。
そうすることで、むし歯になりやすく、負担の大きい矯正用ブラケットの装着期間を少なくすることができます。

⑦猫背は良くありません

⑦猫背は良くありません
猫背は胸部を圧迫して呼吸しにくくなるため、口呼吸になりがちです。
また、下顎を前に突き出す姿勢となり、口をぽかんと開けてしまいます。
鼻呼吸をするためには姿勢を正す必要があるのです。

⑧不正咬合の3大原因

⑧不正咬合の3大原因
●姿勢・・・「態癖」に気をつけましょう。
家でしていなくても学校でしている場合があります。
注意して観察して改善しましょう。
・全身的態癖→ショルダーバック/横向き寝/同じ姿勢(テレビを見る位置など)
・局所的態癖→頬杖/舌、爪、下唇を噛む/指しゃぶり
●呼吸・・・口呼吸が原因です。
●嚥下・・・「えんげ」と読みます。
一日700~1000回人は唾液(つば)を飲み込むと言われます。
その唾液を飲み込む行為が上手にできないと、不正咬合が発生します。
水を飲むとき「うなずいて」飲んだり、
口に含んだ水を一度に飲み込むのではなく、2回続けて飲む動作をしていませんか?
嚥下の弱いお子さんは少し口の中に水が残ってしまいます。
正しく飲み込む動作(嚥下)の訓練も『TRAINER』はできるのです。

⑨西村歯科医院の矯正の考え方

歯並びを治すだけでなく、健康も視野に入れています。
『TRAINER』を装着する事で、この2つの目的が達成できます!
がんばりましょう!

アクティビティートレーニングの前後

アクティビティートレーニングの前後
アクティビティートレーニングの前後

スウェイバック

スウェイバック